料理専門学校入学して三ツ星シェフに~目指せクッキングマスター!~

炒め

座学の学習目的

女性

料理専門学校は、多用なジャンルの料理の基礎から、味の理論を学ぶ環境が整っています。伝統的な和食や会席料理を中心に、食材を切って、素材本来の味を活かすことに重点を置く日本料理のコースがあります。その他では、温暖な地域の特性柄、食材を瞬時に熱を通しやすくしてスピーディーに調理をする中華料理のコースがあります。また、フォンドボーなど、食材にかけたり、一緒に煮込んだりする西洋料理のコースがあります。製菓コースで、ケーキ類などの洋風スイーツから、小豆や抹茶を用いた和風スイーツ等、甘いものを専門としているところもあります。料理専門学校の所在によって、地域の風土にあった調理コースを設けられている場合があります。また、ふぐなどの特殊な食材を扱うための知識を深めてふぐ専門の調理士免許の取得を目指す所も場合によってはあります。

調理技術の他に、食に関連するスペシャリストとなるため、座学も充実しています。それぞれの国の食文化を学び、味の理論がどのように誕生したか学ぶ食文化概論や、現代人の一日に必要な栄養分や食材の組み合わせによって栄養効果を高める作用があるか学ぶ栄養学や食品学があります。調理スペースの衛生面を保つ工夫や知恵を学び、清潔感を意識する衛生法規の規定も学べます。また、食品の安全性を注視して、安全に調理してお客様に作った料理を提供する事に繋げられるかを学ぶ食品衛生学も完備しています。料理専門学校によってカリキュラムが異なると思われますが、必要な知識やスキルを幅広く学ぶことが出来ます。学校別で、入学金や月々の学習面の費用が異なりますので、事前に確認して入学先を決めるのが最適です。