料理専門学校入学して三ツ星シェフに~目指せクッキングマスター!~

炒め

専門学校の優位性

女性

飽食の時代と現代では、世界各国の料理を楽しめるレストラン等の飲食店が全国各地に軒を連ねています。店舗を経営する人たちは、飲食店で修業を重ねて独立した人がいます。また、食べ歩きで研究を重ねて自分の味を開発する人など、多種多様な方法を取っています。もしくは、料理専門学校に入学して各国の料理の特徴や理論を学んだり、調理スキルを身につける方法をとっています。料理専門学校を通して、得られるのはスキルや知識だけでなく、調理師免許を比較的最短で取得することが出来ます。本来は調理師免許は、約2年ほどレストランなどの飲食店で、実習を重ねてから試験を受ける資格を得られます。料理専門学校では、料理スキルや、店舗経営に必要となる衛生学を含めて詳細に学ぶ機会があり最速で1年前後で調理師免許取得につながります。

料理専門学校によって特色はありますが、和食、洋食、中華、製菓などのコースを履修して専門的なスキルを身につけられます。調理実習の中には、直接的に現役でレストラン経営や調理場を任されているプロの料理人から指導を受ける機会があります。入学して最初の時期で、どのジャンルの料理コースをすればいいか迷っている場合は、最初の時期ですべてのジャンルの料理の基本的な技術を学ぶことが出来ます。全てのジャンルの基本的なものを学ぶことで、好きなコースを選択しやすくなりより専門性に突き進みやすくなります。自分の店を持ちたかったり、少しでも早く調理師免許を取得したい場合は、料理専門学校で料理スキルや知識を磨いていくのがオススメです。