料理専門学校入学して三ツ星シェフに~目指せクッキングマスター!~

炒め

卒業試験で資格取得

女性

料理専門学校で多彩な知識やスキルを身につけることが出来ます。同時に取得出来る資格もあります。調理師や飲食店経営に必要不可欠となる資格ばかりで代表的な4つの資格があります。専門調理師受験資格があります。日本料理、西洋料理、中国料理など、学校ごとに特色はありますが、好きなコースで専門性を磨居てきた人が受けられる資格です。専門コース全てのカリキュラムを履修してきた学生が受けられます。食品衛生責任者の資格は、店舗開業に無くてはならないものです。飲食店経営において、営業許可の証として資格取得者の在籍を義務付けられています。食品の品質維持に長けていて、お客様に問題なく料理を提供できる食材を準備することに重点を置きます。

食育インストラクターは、日々の暮らしに基本的な身体を作っていく事を目的としています。健全な人間性を身につけるために、食事指導を行っていくことが出来る証として設定されています。それぞれの世代や性別に必要な食事を栄養学の観点から教えていく必要があります。そして、調理士免許です。料理人としての実力を証明します。料理専門学校によっては、厚生労働大臣指定の免許の場合があります。厚生労働大臣指定の調理士免許を取得すれば、資格のシステムによって無条件で国家資格の調理士免許を取得することが出来ます。調理士免許と専門調理師受験資格の2つの資格は、どの料理専門学校の卒業試験を通して取得することが出来ます。今まで学んだ事を全て出す集大成となります。